・炭酸ガス濃度制御装置
【植物活性化・成長促進・品質向上】炭酸ガスを植物・野菜・果実等へ
 植物は、葉から炭酸ガス(CO2)を、根から水及び養分を吸収し、光のエネルギーによって光合成をおこし、糖分・デンプン・セルロースをつくりながら成長します。
 CO2は大気中に約300ppm含まれますが、その濃度以上の環境下で植物を栽培すると、植物の成長は活性化し、成長が早まるだけでなく品質の向上も図ることができます。
 本装置は温室内で炭酸ガス(CO2)を最適にコントロール致します。





印刷用PDFファイルはこちら → 炭酸ガス濃度制御装置(PDF)

←製品案内トップへ戻る
copyright(C)2003-2011 CHUORIKA,.CO.LTD All Rights Reserved.